HOME > 国内の旅・趣味の旅 > カルチャーツアー > レトロな大阪倶楽部でチェンバロ・リサイタル&大阪ガスビル食堂の特別ディナー

日帰り

大阪

レトロな大阪倶楽部でチェンバロ・リサイタル&大阪ガスビル食堂の特別ディナー

■コース番号:4078

新コース

レトロな大阪倶楽部でチェンバロ・リサイタル&大阪ガスビル食堂の特別ディナー
写真:チェンバロを演奏する高田泰治さん
カルチャーツアー

優雅なサロンコンサートのソロ演奏と欧風料理を堪能

  

大正時代のモダニズム建築を代表する大阪倶楽部(登録有形文化財)で、関西を拠点に活躍する室内楽団「日本テレマン協会」が主催する、気鋭のチェンバロ演奏家、高田泰治さんのソロコンサートを鑑賞します。

指揮者の延原武春氏のプレトークもお楽しみ。


大阪倶楽部は建築家の安井武雄が設計した、南欧風の様式に東洋風の手法を加味した自由様式建築の代表作です。優雅な内装のホールで、チェンバロの上品で神秘的な音色により、バッハの「フランス組曲」などドイツ・バロック音楽の名曲を楽しみます。

 

夕食は、同じく安井武雄が設計した近代大阪のシンボルともいえる大阪ガスビル(登録有形文化財)のガスビル食堂で、本格欧風料理の「コンサート特別ディナー」です。伝統人気メニューのムーサカ(ギリシャの家庭料理に由来する料理)や人気メニューのハートセロリなどのコース料理をいただきます。

【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2018年3月09日(金) 14,800円 催行決定 お申込み
写真:大阪ガスビル(イメージ)写真:大阪ガスビル(イメージ)

ツアー詳細

■旅行条件 最少催行人員15名/添乗員同行します。
■食事条件 夕食:1回 大阪ガスビル食堂(コンサート特別ディナー)
・セロリ&アミューズ
・初春の一皿 オードブル盛り合わせ
・コンソメスープ
・真鯛のパイ包み焼き 桜の香りを添えて
・シャーベット
・ガスビル食堂名物料理「ムーサカ」(スモールサイズ)
・清見オレンジのタルト仕立て バニラアイス添え
・コーヒー
■その他 <コンサートのプログラム>

J.C.F.フィッシャー:クリオ、オイテルベ(音楽のパルナッソス山より)

J.クーナウ:ソナタ第3番 ヤコブの結婚(聖書ソナタより)

J.S.バッハ:トッカータ ト長調 BWV916
       トッカータ 嬰ヘ短調 BWV910
       フランス組曲 第4番 変ホ長調 BWV815
  • 基本スケジュール
  • ここがポイント!
【日数】 【行程】 【食事】
1日目 大阪ガスビル8階ガスビル食堂16時20分集合…「コンサート特別ディナー」の夕食…(徒歩5分)…◎大阪倶楽部(4階ホールで高田泰治さんのチェンバロの演奏を楽しみます。19時~21時ごろ)…現地解散
※大阪ガスビル食堂は地下鉄・京阪淀屋橋駅から徒歩3分の御堂筋沿い。大阪倶楽部は地下鉄肥後橋駅まで徒歩3分、地下鉄・京阪淀屋橋駅まで徒歩5分

【行程中の記号】 =バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

【日本テレマン協会について】

延原武春氏によって創設されたバロックからベートーヴェンまでを専門とする室内楽団です。「テレマン室内オーケストラ」と「テレマン室内合唱団」を有し、また「日本テレマン協会後援会」という支援団体がサポートをしています。

設立は1963年。当時大阪音楽大学の学生だった延原武春氏が「バロック音楽の普及・啓蒙」と「楽しさ」をテーマに、新しい演奏会の可能性を追求すべく「テレマン・アンサンブル」を結成したのがその始まりです。「定期演奏会」のほか、聴衆とともにサロンを形成しようとした「マンスリーコンサート」、宗教音楽を教会の聖堂で奏でる「教会音楽シリーズ」などを軸とし、関西を中心に全国的な活動を展開。1977年「文化庁芸術祭優秀賞」、1986年「第17回サントリー音楽賞」を関西の団体としては初めて受賞しました。

2008年にはベートーヴェンの交響曲全曲をクラシカル楽器にて公演。これが引き金となって延原氏は2009年ドイツ連邦共和国より功労勲章を受章しました。以後延原氏は日本フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団などを指揮し好評を博したことは皆さんにとっても記憶に新しいことと思います。


【テレマンとは】

ゲオルク・フィリップ・テレマン(1681年3月14日~1767年6月25日)は後期バロック音楽のドイツ人作曲家。バッハ、ヘンデルも足元に及ばない高い評価を受けていた作曲家で、大変な多作家としても有名です。代表的な作品は「食卓の音楽」という曲集。延原武春氏はテレマンの自叙伝にあった「人が喜ぶために作曲している」という言葉に感銘を受け、彼の名をかかげたグループを結成しました。

テレマンは大変面倒見の良い人でもあったようで、バッハの次男の名付け親でもあり、また自身がハンブルクで臨終の時を迎える際、後継者にその「次男」を指名したという逸話も残っています。またヘンデルとの親交は深く、ロンドンから様々な珍しい植物をヘンデルは彼宛に送っていたとか。またテレマンが「食卓の音楽」を出版する際、予約者の最初の方にヘンデルの名が入っていることも有名な話です。

バッハ、ヘンデルにとっては「偉大なる先輩」であったテレマン。彼の作品だけではなく、その心意気を日本テレマン協会は伝えています。
【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2018年3月09日(金) 14,800円 催行決定 お申込み

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
登山・海外旅行:電話番号 06-6346-3830
国内旅行:電話番号 06-6346-8800
営業時間:平日 10:00〜18:00/土・日・祝は休業
FAXでのお問い合わせ
FAX番号:06-6346-8801
メールでのお問い合わせ
※お取消及び、ご変更のご連絡は、当社の営業日・営業時間内にお電話でのみお受けいたします。

毎日新聞旅行のパンフレットをお送りします

「毎日山の旅」パンフレット
毎日山の旅国内登山、海外登山、海外旅行掲載のパンフレットです。(2017年11月〜2018年5月出発を掲載)
「毎日文化探訪の旅」パンフレット
毎日文化探訪の旅テーマのある国内旅行、海外旅行掲載のパンフレットです。(2018年春〜夏出発を掲載)
その他「霊場巡拝の旅」パンフレットがございます。
無料でお送りいたしますので、お気軽にお申込みください。

毎日新聞旅行のパンフレット申込み

関西大阪発

山岳保険の加入をお勧め致します

万一の事故の備え、遭難捜索費用までカバーしている山岳保険の加入をお勧め致します。

ページ先頭へ