HOME > 国内の旅・趣味の旅 > カルチャーツアー > 「大エルミタージュ美術館展」鑑賞と「ボストン美術館の至宝展」鑑賞

日帰り

兵庫

「大エルミタージュ美術館展」鑑賞と
「ボストン美術館の至宝展」鑑賞

■コース番号:4423

新コース

「大エルミタージュ美術館展」鑑賞と<br/>「ボストン美術館の至宝展」鑑賞
写真:フィンセント・ファン・ゴッホ
「郵便配達人ジョゼフ・ルーラン」1888年
Gift of Robert Treat Paine 2nd, 35.1982
カルチャーツアー

神戸の2大美術展を堪能

 

●神戸市立博物館(神戸市中央区)で「ボストン美術館の至宝展」を鑑賞します。世界屈指の美の殿堂「ボストン美術館」所蔵の80点を展示。古今東西に渡る幅広いコレクションを総合的に紹介する日本での展覧会は約40年ぶりです。

●ゴッホの傑作・ルーラン夫妻の肖像画を2点同時に展示。英一蝶の巨大涅槃図が約170年ぶりの修復を終えて初の里帰り。喜多川歌麿の優美な美人画も見逃せません。

●兵庫県立博物館(神戸市中央区)では「大エルミタージュ美術館展」を鑑賞します。18世紀ロシア帝国の女帝エカテリーナ2世がサンクトペテルブルクに創設した世界有数の美術館のコレクションのうちルネサンスからバロック、ロココに至る16~18世紀西洋絵画の名作が展示されています。

●展示室入り口で女帝の大きな肖像画が出迎え、クラーナハ「林檎の木の下の聖母子」をはじめブリューゲル、ルーベンス、レンブラント、ロベールらの計85点が並びます。

●天王寺駅前発着、大毎上町本店前と梅田の毎日新聞ビル前で乗車できるバスツアーです。

【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2017年12月21日(木) 10,800円 募集中 お申込み
2018年1月10日(水) 10,800円 募集中 お申込み
※乗車地は天王寺駅前・大毎上町本店前・梅田(毎日新聞ビル前)の3カ所あります。ご希望の乗車地を通信欄にご入力ください。
写真:喜多川歌麿「三味線を弾く美人図」<br/>文化元~3年(1804~06年)ごろ<br/>Fenollosa-Weld Collection, 11.4642<br/>All Photographs © Museum of Fine Arts, Boston写真:喜多川歌麿「三味線を弾く美人図」
文化元~3年(1804~06年)ごろ
Fenollosa-Weld Collection, 11.4642
All Photographs © Museum of Fine Arts, Boston

ツアー詳細

■旅行条件 最少催行人員20名/添乗員同行します。
貸切バス会社 寝屋川バスまたは同等クラス
■食事条件 昼食:1回 神戸港を見下ろす神戸商工貿易センタービル24階「ザ・スカイブッフェ」(バイキング・ドリンクバー付き)
  • 基本スケジュール
【日数】 【行程】 【食事】
1日目 大阪・天王寺駅前8時30分発=大毎上町本店前8時40分(乗車可)=梅田・毎日新聞ビル前9時10分(乗車可)=◎神戸市立博物館(「ボストン美術館の至宝展」鑑賞)=(昼食)=◎兵庫県立美術館(「大エルミタージュ美術館展」鑑賞)=梅田(下車可)=大毎上町本店前(下車可)=天王寺駅前18時ごろ着

【行程中の記号】 =バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2017年12月21日(木) 10,800円 募集中 お申込み
2018年1月10日(水) 10,800円 募集中 お申込み
※乗車地は天王寺駅前・大毎上町本店前・梅田(毎日新聞ビル前)の3カ所あります。ご希望の乗車地を通信欄にご入力ください。

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
登山・海外旅行:電話番号 06-6346-3830
国内旅行:電話番号 06-6346-8800
営業時間:平日 10:00〜18:00/土・日・祝は休業
FAXでのお問い合わせ
FAX番号:06-6346-8801
メールでのお問い合わせ
※お取消及び、ご変更のご連絡は、当社の営業日・営業時間内にお電話でのみお受けいたします。

「毎日山の旅」パンフレットをお送りします

「毎日山の旅」パンフレット
大阪出発の「毎日山の旅:2017年11月~2018年5月出発」の登山パンフレットを無料でお送りいたします。
毎日山の旅パンフレット申込み
「旬の旅、霊場巡拝の旅」パンフレット
2018年冬から春にかけてテーマのある旅「旬の旅」、2018年から始まる巡拝ツアー「霊場巡拝の旅」パンフレット2冊を無料でお送りいたします。
旬の旅、霊場巡拝の旅パンフレット申込み

関西大阪発

山岳保険の加入をお勧め致します

万一の事故の備え、遭難捜索費用までカバーしている山岳保険の加入をお勧め致します。

ページ先頭へ