HOME > 日本の山の旅 > 関西/和歌山の山 > 矢筈岳

日帰り

初級

矢筈岳

■コース番号:13443

矢筈岳
関西/和歌山の山

矢筈という意味は「弓矢の末端の弦を受ける部分」を表しており、日本各地の地形図で確認できる「矢筈岳」と「矢筈山」と「矢筈ケ岳」は、33座数えることができます。今回ご案内する矢筈岳(やはずだけ)は、和歌山県日高郡日高川町に位置しており、隣の清冷山と併せて人気の山でもあります。登山道も整備が行き届き、登りよい山のひとつですが、ピーク直下はやせ尾根で歩きごたえがあります。皆さまのご参加をお待ちしています。

【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2018年2月12日(月) 10,000円 催行決定
お申込み

ツアー詳細

■旅行条件 最少催行人員12名/添乗員同行します。
貸切バス会社名 千里山バスまたは寝屋川バスまたは同等クラス
■食事条件 昼食:0回(各自持参)
■歩行時間 8km:約4時間
■入浴 下山後の入浴はありません。
■登山に不要な荷物 バスまたは宿泊先に置くことができます。
■装備 季節とコースに合った装備でご参加ください。冬季のアイゼンなど、当該の山行に特にご用意いただく装備がある場合はご旅行日程表でご案内いたします。
  • 基本スケジュール
  • ここがポイント!
【日数】 【行程】 【食事】
1日目 大阪梅田8時発=(阪和道)=御坊=田尻=小釜本橋=鷲ノ川滝…矢筈岳(811m)…(往復ルート)…小釜本橋=御坊=梅田18時ごろ着 ×

【行程中の記号】 =バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

矢筈山 (和歌山県) 紀伊半島は山また山だが、本当に幾重にも重畳たる山影の連なり。 なかでも突出して見えたのが、矢筈山(811m)。和歌山の名峰。 弓の弦をかける部分を思わせるやせ尾根。 犬ケ丈山から西の方を眺めると、すっくと突き出たピークひときわ目を引く。 山頂近くには玉置氏の山城跡が残る。
【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2018年2月12日(月) 10,000円 催行決定
お申込み

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
登山・海外旅行:電話番号 06-6346-3830
国内旅行:電話番号 06-6346-8800
営業時間:平日 10:00〜18:00/土・日・祝は休業
FAXでのお問い合わせ
FAX番号:06-6346-8801
メールでのお問い合わせ
※お取消及び、ご変更のご連絡は、当社の営業日・営業時間内にお電話でのみお受けいたします。

「毎日山の旅」パンフレットをお送りします

「毎日山の旅」パンフレット
大阪出発の「毎日山の旅:2017年11月~2018年5月出発」の登山パンフレットを無料でお送りいたします。
毎日山の旅パンフレット申込み
「毎日文化探訪の旅、霊場巡拝の旅」パンフレット
2018年春から夏にかけてテーマのある旅「毎日文化探訪の旅」、2018年から始まる巡拝ツアー「霊場巡拝の旅」パンフレット2冊を無料でお送りいたします。
旬の旅、霊場巡拝の旅パンフレット申込み

関西大阪発

  • 初めての方へ
  • 登山に適したトレーニングとは
  • 登山装備の選び方
  • クラス分け及び年齢について
  • 登山スタッフの紹介

山岳保険の加入をお勧め致します

万一の事故の備え、遭難捜索費用までカバーしている山岳保険の加入をお勧め致します。

ページ先頭へ