HOME > 日本の山の旅 > 九州・沖縄の山 > 背振山・雲仙普賢岳・多良岳

4日間

中級

背振山・雲仙普賢岳・多良岳

■コース番号:13571

新コース

背振山・雲仙普賢岳・多良岳
九州・沖縄の山

 背振山(せぶりさん)は、福岡県と佐賀県に連なる背振山地の最高峰です。この山の特長は、展望の良い山頂近くまで車で簡単にアプローチできることです。雲仙普賢岳(うんぜんふげんだけ)は、1990年11月に約200年ぶりに大噴火し、火砕流、土石流などにより、多くの被害が出たことは記憶に新しいところです。登山口の仁田峠から妙見山を経由し、普賢岳に登頂し、別ルートで仁田峠へと歩く周回コースを予定しています。普賢岳山頂にも一等三角点が設置されており、好展望が期待できます。多良岳(たらだけ)の山容は、山裾を長く引いた美しい双耳峰が特長です。今回の登山コースは、長崎側の黒木登山口から、山頂を目指す往復ルートです。いずれも九州の各県を代表する名山を効率よくご案内いたします。皆さまのご参加をお待ちしています。

【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2017年12月22日(金) 41,000円 催行決定
お申込み
2018年3月16日(金) 41,000円 募集中
お申込み

ツアー詳細

■旅行条件 最少催行人員15名/添乗員同行します。
貸切バス会社名 北都観光バスまたは同等クラス
■食事条件 朝食:1回/昼食:0回/夕食:0回
■宿泊施設 【1】船中【2】諫早・ホテル【3】船中
※船中泊は往復寝台利用となります。
※ホテルは1名1室利用となります。
■歩行時間 【2】4km:約3時間/【3】8km:約5時間
■入浴 下山後に入浴をいたします。
■登山に不要な荷物 バスまたは宿泊先に置くことができます。
■装備 季節とコースに合った装備でご参加ください。冬季のアイゼンなど、当該の山行に特にご用意いただく装備がある場合はご旅行日程表でご案内いたします。
■その他 ※船便の発着時間の変更等で、2・3日目の行程が逆になる場合があります。
  • 基本スケジュール
【日数】 【行程】 【食事】
1日目 大阪南港17時発または20時発~〈船中寝台泊〉
2日目 ~新門司港=背振山登山口…背振山(1055m)…登山口=長州港~(フェリー)~多比良港=仁田峠…妙見山…雲仙普賢岳(1359m)…仁田峠=雲仙=諫早〈ホテル・1名1室〉 ×
×
×
3日目 =大村=黒木登山口…金泉寺…多良岳(983m)…(往復ルート)…登山口=新門司港~〈船中寝台泊〉
×
×
4日目 ~大阪南港5時30分着または8時20分着

【行程中の記号】 =バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2017年12月22日(金) 41,000円 催行決定
お申込み
2018年3月16日(金) 41,000円 募集中
お申込み

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
登山・海外旅行:電話番号 06-6346-3830
国内旅行:電話番号 06-6346-8800
営業時間:平日 10:00〜18:00/土・日・祝は休業
FAXでのお問い合わせ
FAX番号:06-6346-8801
メールでのお問い合わせ
※お取消及び、ご変更のご連絡は、当社の営業日・営業時間内にお電話でのみお受けいたします。

「毎日山の旅」パンフレットをお送りします

「毎日山の旅」パンフレット
大阪出発の「毎日山の旅:2017年11月~2018年5月出発」の登山パンフレットを無料でお送りいたします。
毎日山の旅パンフレット申込み
「旬の旅、霊場巡拝の旅」パンフレット
2018年冬から春にかけてテーマのある旅「旬の旅」、2018年から始まる巡拝ツアー「霊場巡拝の旅」パンフレット2冊を無料でお送りいたします。
旬の旅、霊場巡拝の旅パンフレット申込み

関西大阪発

山歩きのコツ:登山ツアーの参加前にまず、ご一読ください!

山岳保険の加入をお勧め致します

万一の事故の備え、遭難捜索費用までカバーしている山岳保険の加入をお勧め致します。

ページ先頭へ