HOME > 世界の山・海外の旅 > 南アジア・中央アジア > 松茸と紅葉の「中央三山」周王山・小白山・俗離山

5日間

中級

松茸と紅葉の「中央三山」
周王山・小白山・俗離山

■コース番号:A0112

新コース

松茸と紅葉の「中央三山」<br/>周王山・小白山・俗離山
南アジア・中央アジア

<韓国の名峰10岳シリーズ>

「関空=大邱」就航記念企画  周王山温泉と水安堡温泉!

「松茸」を食べて、「温泉」を楽しみ、「紅葉」の名山に登りませんか!松茸料理を2回ご用意。

「周王山」(ジュワンサン)は慶尚北道第一と言われる名山で、韓国3岩山の一つです。石で屏風を巡らしたような姿が印象的で、奇石峰と龍秋滝が織りなす景観は壮大です。
 「小白山」(ソペクサン)は朝鮮半島の背骨にあたる小白山脈の主峰で分水嶺の山。最高峰・毘廬峰(1,440m)を中心に、雄大荘厳な山勢を誇る韓国屈指の名山。
 「俗離山」(ソンニサン)は小白山脈の支脈の一つで、奇岩怪岩が織りなす景色が絶景。

昔から第2金剛、小金剛と呼ばれ、毎年200万人以上の登山客が訪れます。

<写真は周王山 提供:韓国観光公社>

【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2017年10月23日(月) 158,000円 募集中 お申込み
※燃油サーチャージが別途必要になります。(ただし、8/1現在600円です)
また、関西空港使用料(3,040円)、訪問国の空港諸税が必要となります。
松茸と紅葉の「中央三山」<br/>周王山・小白山・俗離山

ツアー詳細

■旅行条件 最少催行人員10名/添乗員同行します。
■食事条件 朝食:4回/昼食:3回/夕食:4回及び機内食
■宿泊予定施設 周王山温泉:周王山温泉観光ホテル
水安堡温泉:水安堡温泉ホテル
大邱:プリンスホテル
■予定航空会社 エアプサン
■渡航手続き ◆旅券の残存期間は、入国時3カ月以上必要です。
◆査証、予防接種は不要です。
  • 基本スケジュール
【日数】 【行程】 【宿泊及び食事】
1日目 午後:関西空港より空路、韓国の大邱(テグ)へ。
専用車で紅葉の名所、周王山(ジュワンサン)温泉へ向かいます。
★「焼き松茸と豚カルビ焼肉」の夕食。
<×・夕>
周王山温泉(泊)
2日目 専用車で周王山のサンイ登山口へ。
<周王山を登山>(約9km、約5時間30分)
サンイ登山口から大典寺、ジャハ橋、龍秋滝、三犬叉を抜けて周王山山頂(721m)へ。美しい眺望を堪能し、サンイ登山口へ。
専用車にて水安堡(スアンポ)温泉へ。
下山後の温泉をお楽しみ下さい。
<朝・昼・夕>
水安堡温泉(泊)
3日目 専用車で小白山(ソペクサン)南部のサンガ登山口へ。
<小白山を登山>(約10km、約6時間)
美しい渓谷を通り、小白山の最高峰・毘廬峰(1,440m)へ。素晴らしい眺望を楽しみながら、縦走ルートで小白山北部のオイゴク登山口(400m)に下山。
★「松茸とキノコ入りチゲ鍋」の夕食。
<朝・弁・夕>
水安堡温泉(泊)
4日目 専用車で俗離山(ソンニサン)のカフク登山口へ。
<俗離山を登山>(約11km、約6時間)
俗離山随一の景観を見せる文蔵台(1,054m)へ。ループコースで神仙台(1,016m)を通り、法主寺登山口に下山。
専用車で大邱へ。
★大邱の名物「ふぐプルコギ」の夕食。
<朝・昼・夕>
大邱(泊)
5日目 午前:空路、帰国の途へ。
午後:関西空港着。
<朝・機>

【行程中の記号】 =バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2017年10月23日(月) 158,000円 募集中 お申込み
※燃油サーチャージが別途必要になります。(ただし、8/1現在600円です)
また、関西空港使用料(3,040円)、訪問国の空港諸税が必要となります。

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
登山・海外旅行:電話番号 06-6346-3830
国内旅行:電話番号 06-6346-8800
営業時間:平日 10:00〜18:00/土・日・祝は休業
FAXでのお問い合わせ
FAX番号:06-6346-8801
メールでのお問い合わせ
※お取消及び、ご変更のご連絡は、当社の営業日・営業時間内にお電話でのみお受けいたします。

「毎日山の旅」パンフレットをお送りします

「毎日山の旅」パンフレット
大阪出発の「毎日山の旅:2017年11月~2018年5月出発」の登山パンフレットを無料でお送りいたします。
毎日山の旅パンフレット申込み
「毎日文化探訪の旅」パンフレット
2017年秋から冬にかけてテーマのあるオリジナルの旅「毎日文化探訪の旅」を無料でお送りいたします
毎日文化探訪の旅パンフレット申込み

関西大阪発

山歩きのコツ:登山ツアーの参加前にまず、ご一読ください!

山岳保険の加入をお勧め致します

万一の事故の備え、遭難捜索費用までカバーしている山岳保険の加入をお勧め致します。

ページ先頭へ