HOME > 世界の山・海外の旅 > その他アジア > ゆっくり登るキナバル登山

6日間

中級+

ゆっくり登るキナバル登山

■コース番号:A0006

ゆっくり登るキナバル登山
【その他アジア】

東南アジアの最高峰へ。〈4,095m〉

★山小屋2泊でチャレンジ!
 キナバル山の中腹にはいくつかの山小屋がありますが、当社ではレストラン、暖房などの設備が整ったラバンラタ小屋の連泊を確約します。2泊するので、あせることなく、ゆっくりと東南アジアの最高峰にチャレンジできます。高度が高いのでゆっくり登ります。

●登山ルート
□行動する標高 ティンポホンゲート(1,866m・登山口)=ラバン・ラタ・レストハウス(3,353m)...主峰ローズピーク(4,095m)
□歩行距離と歩行時間 全行程で約17km。所要時間は登山口から山小屋まで約5~6時間、頂上までは約3~4時間です。
●気候 キナバル山は、熱帯降雨林帯のため1年中乾期と雨期といえます。
 午前は「晴れ」、午後は「スコール」、夕方から晴れる事が多い。
●登頂証明書 「登頂証明書」を記念に進呈します。
●山小屋 ラバンラタレストハウスに連泊!

 

海外たびレター
ブログ情報

【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2017年11月20日(月) 255,000円 募集中 お申込み
※燃油サーチャージが別途必要になります。(ただし、4/17現在0円です)
 また、関西空港使用料(3,040円)、訪問国の空港諸税が必要となります。
■1人部屋追加代金 22,000円 (山小屋は除く)
ゆっくり登るキナバル登山

ツアー詳細

■旅行条件 最少催行人員8名/添乗員同行します。
■食事条件 朝食:4回/昼食:3回/夕食:3回及び機内食
■宿泊予定施設 コタキナバル:プロムナード・ホテル
山中:ラバン・ラタ・レストハウス
■予定航空会社 マレーシア航空
■渡航手続き ◆旅券の残存期間は、入国時6カ月以上必要です。
◆査証・予防接種は不要です。
  • 基本スケジュール
【日数】 【行程】 【宿泊及び食事】
1日目 午前:関西空港から空路、マレーシア航空で、クアラルンプール乗り継ぎでボルネオ島のコタキナバルへ。
着後:ホテルへ。
<機・機>
コタキナバル(泊)
2日目 バスでキナバル国立公園管理事務所(P.H.Q.)へ。入山手続き後、ガイド、ポーターと合流しティンポホンゲート(登山口)へ。ここからジャングルの中の登山道を約5~6時間でラバン・ラタ・レストハウスへ。 <朝・昼・夕>
ラバン・ラタ・レスト・ハウス(泊)
3日目 早朝:サヤサヤ小屋を経由してキナバル山の主峰「ローズピーク」へ。 正午ごろレストハウスへ下山。 午後:レストハウスで休養。 <朝・昼・夕>
ラバン・ラタ・レスト・ハウス(泊)
4日目 午前:ティンポホンゲートへ下山。バスでP.H.Q.へ。
午後:P.H.Q.内のレストランで昼食後、専用車でコタキナバル市内のホテルへ。
休憩(短時間)の後、マングローブ林のホタル観賞
<朝・昼・夕>
コタキナバル(泊)
5日目 自由行動(サピ島などOPツアー) 夜:空路、クアラルンプール乗り継ぎ、帰国の途へ。
<朝・×・機>
機中(泊)
6日目 早朝:関西空港着

【行程中の記号】 =バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2017年11月20日(月) 255,000円 募集中 お申込み
※燃油サーチャージが別途必要になります。(ただし、4/17現在0円です)
 また、関西空港使用料(3,040円)、訪問国の空港諸税が必要となります。
■1人部屋追加代金 22,000円 (山小屋は除く)

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
登山・海外旅行:電話番号 06-6346-3830
国内旅行:電話番号 06-6346-8800
営業時間:平日 10:00〜18:00/土・日・祝は休業
FAXでのお問い合わせ
FAX番号:06-6346-8801
メールでのお問い合わせ
※お取消及び、ご変更のご連絡は、当社の営業日・営業時間内にお電話でのみお受けいたします。

「毎日山の旅」パンフレットをお送りします

「毎日山の旅」パンフレット
大阪出発の「毎日山の旅:2017年4月~11月出発」の登山パンフレットを無料でお送りいたします。
毎日山の旅パンフレット申込み
「旬旅」パンフレット
2017年5月から8月までのテーマのあるオリジナルの旅「旬旅パンフレット」を無料でお送りいたします
旬旅パンフレット申込み

関西大阪発

山歩きのコツ:登山ツアーの参加前にまず、ご一読ください!

山岳保険の加入をお勧め致します

万一の事故の備え、遭難捜索費用までカバーしている山岳保険の加入をお勧め致します。