HOME > 海外の旅・世界の山 > 中国・台湾・韓国 > 玉山(3,952m)登頂と関子嶺温泉

4日間

中級

玉山(3,952m)登頂と関子嶺温泉

■コース番号:A0008

玉山(3,952m)登頂と関子嶺温泉
写真:玉山(イメージ)
中国・台湾・韓国

※山小屋の都合により、出発日が5/10→5/9に変更になりました。

 

 

台湾最高峰へ!

 台湾は3千m以上の山が258座もある"海上アルプス"でその最高峰が玉山です。中央山脈に4千m近い高峰が連なる風景は神々しく荘厳で、この標高でこそ感じられるものです。

新しくなった山荘にはレストランが新設され、シュラフもレンタルします(代金込み)。下山後は、美人の湯で名高い温泉でリフレッシュします。

★お早目のお申し込みをお願いします。(下記その他参照)

【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2018年5月09日(水) 195,000円 催行決定 お申込み
2018年11月07日(水) 195,000円 募集中 お申込み
※燃油サーチャージが別途必要です。(ただし、2/1現在5,000円必要です)
※関西空港使用料(3,040円)、海外空港諸税が別途必要です。
■1人部屋追加代金 16,000円(但し山小屋泊を除きます)
※相部屋がお組みできなかった場合は、1人部屋追加代金が必要となります。
玉山(3,952m)登頂と関子嶺温泉

ツアー詳細

■旅行条件 最少催行人員8名/添乗員同行します。
■食事条件 朝食:3回/昼食:1回/夕食3回及び機内食
■宿泊予定施設 阿里山:阿里山閣大飯店
関子嶺温泉:統茂温泉会館
玉山:排雲山荘(山小屋)
■予定航空会社 チャイナ・エアライン、エバー航空
■渡航手続き ◆旅券の残存期間は、帰国時まで有効なものが必要です。
◆査証・予防接種は不要です。
■その他 ●玉山「入山申請」と「抽選」について●
玉山の山小屋には平日に限り、外国人優先枠が約40人分、設けられています。宿泊日の4か月前から先着順です。
  • 基本スケジュール
【日数】 【行程】 【宿泊及び食事】
1日目 午前:関西空港から空路、台北へ。 バスで玉山登山口に近い阿里山(標高2,200m)へ。 <機・夕>
阿里山(泊)
2日目 バスで登山口(2,692m)手前へ。登山事務所にて旅券チェックとビデオ(必須)観賞後、登山スタート。
塔塔加(タタカ)鞍部を通り、排雲山荘(3,402m)へ。[約5時間]
<朝・×・夕>
排雲山荘(泊)
3日目 夜明け前(3:30ごろ)出発。
玉山山頂(3,952m)へ。[約2.5時間]
山頂からご来光を仰ぎ山荘に戻ります。[約1.5時間]
朝食後、下山。[約4時間]
バスで、台湾4大温泉の一つ、美人の湯関子嶺温泉へ。
<朝・昼・夕>
関子嶺温泉(泊)
4日目 バスで三峡へ。日本統治時代の赤いレンガの建物が残る町並みを観光。
午後:空路、帰国の途へ。
夜:関西空港着。
<朝・機>

【行程中の記号】 =バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

【出発日】 【旅行代金】 【募集状況】 【受付状況】
2018年5月09日(水) 195,000円 催行決定 お申込み
2018年11月07日(水) 195,000円 募集中 お申込み
※燃油サーチャージが別途必要です。(ただし、2/1現在5,000円必要です)
※関西空港使用料(3,040円)、海外空港諸税が別途必要です。
■1人部屋追加代金 16,000円(但し山小屋泊を除きます)
※相部屋がお組みできなかった場合は、1人部屋追加代金が必要となります。

ご予約・お問い合わせ

電話でのお問い合わせ
登山・海外旅行:電話番号 06-6346-3830
国内旅行:電話番号 06-6346-8800
営業時間:平日 10:00〜18:00/土・日・祝は休業
FAXでのお問い合わせ
FAX番号:06-6346-8801
お問い合わせ ・ お申し込みのFAXフォームのダウンロード
メールでのお問い合わせ
※お取消及び、ご変更のご連絡は、当社の営業日・営業時間内にお電話でのみお受けいたします。

毎日新聞旅行のパンフレットをお送りします

「毎日山の旅」パンフレット
毎日山の旅国内登山、海外登山、海外旅行掲載のパンフレットです。(2018年4月〜11月出発を掲載)
「旬の旅」パンフレット
旬の旅季節の旅、講師同行ツアー、ウォーク、海外旅行掲載のパンフレットです。(2018年4月〜8月出発を掲載)
その他「毎日文化探訪の旅」、「霊場巡拝の旅」のパンフレットがございます。
無料でお送りいたしますので、お気軽にお申込みください。

毎日新聞旅行のパンフレット申込み

関西大阪発

  • 初めての方へ
  • 登山に適したトレーニングとは
  • 登山装備の選び方
  • クラス分け及び年齢について
  • 登山スタッフの紹介

山岳保険の加入をお勧め致します

万一の事故の備え、遭難捜索費用までカバーしている山岳保険の加入をお勧め致します。

ページ先頭へ