1. ホーム
  2. 国内の旅・テーマのある旅
  3. 歴史・史跡を訪ねる旅
  4. 歴史を学ぶ旅
  5. 上月城の戦い
新コース
  • 日帰り
  • 兵庫
  • 歴史を学ぶ旅
コース番号
5206

上月城の戦い

  • 上月城(イメージ) 上月城(イメージ)
  • 福原城(イメージ) 福原城(イメージ)

「尼子再興の夢」潰える時

永禄9年11月21日(1567年1月1日)、かつて山陰山陽8カ国の守護を務めたこともある尼子氏が、毛利氏に降伏を申し入れました。11月28日(1月8日)、尼子氏の当主であった義久は、居城である月山富田城を明け渡し、戦国大名尼子氏は滅亡。義久は毛利氏によって安芸国内に幽閉されるのでした。家臣であった山中鹿之助幸盛は随従を願い出ましたが許されず、出雲大社で主君と別れました。その後、幸盛は京都の東福寺で僧をしていた尼子誠久の遺児・勝久を還俗させ、各地の尼子遺臣らを集結させて密かに尼子家再興の機会をうかがいます。しかし、第一次尼子再興運動・第二次尼子再興運動は失敗に終わったため、織田信長を頼って京へ上りました。毛利氏との戦いを見越した信長は、尼子再興軍を羽柴秀吉軍の下につけました。秀吉軍は播磨において、敵対していた福原城を攻略。播磨・備前・美作の境目である上月城に侵攻を開始し、攻略に成功します。幸盛は、主君・尼子勝久と共にその城に入り、ここを拠点としました。しかし天正6年2月中旬、三木城の別所長治が信長に叛旗を翻し、毛利氏に味方。これを好機と見た毛利方は、4月、吉川元春・小早川隆景らが率いる3万以上の兵をもって播磨に進軍します。そして4月18日(5月24日)、尼子再興軍が籠もる上月城を包囲。ここにいたり、尼子再興軍に最大の試練が訪れたのです。

ツアーの出発日と募集状況・お申込み

出発日 旅行代金
(お一人様:税込)
募集状況 受付状況
2020年5月01日(金) 12,800円 催行決定

ツアー詳細

旅行条件 最少催行人員15名/添乗員同行します。
貸切バス会社名 千里山バスまたは寝屋川バスまたは同等クラス
食事条件 昼食:1回

基本スケジュール

日数行程食事
1 大阪・梅田8時発=◎上月歴史資料館(上月城の戦いを展示する資料館)…上月城戦没合同慰霊碑…上月城址(堀切や竪堀などの遺構が残る。比高110m)=〇福原城址(竹中半兵衛・黒田官兵衛に攻められた城址。「黒田家譜」によると、官兵衛の計略、三方を囲み後ろ一方だけを開けておく孫子の兵法「囲師必闕」(いしひっけつ)によって落城した)=梅田17時ごろ着
【行程中の記号】
=バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

ツアーの出発日と募集状況・お申込み

出発日 旅行代金
(お一人様:税込)
募集状況 受付状況
2020年5月01日(金) 12,800円 催行決定

お客様サポート

ページ先頭へ