1. ホーム
  2. 国内の旅・テーマのある旅
  3. 歴史・史跡を訪ねる旅
  4. 歴史を学ぶ旅
  5. 上田原の戦いと塩尻峠の戦い
新コース
  • 2日間
  • 長野
  • 歴史を学ぶ旅
コース番号
5210

上田原の戦いと塩尻峠の戦い

  • 武田の武将、板垣信方の墓(イメージ) 武田の武将、板垣信方の墓(イメージ)
  1. 長野県の上田原古戦場、塩尻峠古戦場、須々貴城址などを訪ねます

武田信玄、人生初の敗戦からの挽回劇 

 天文10年(1541年)6月14日、父親の信虎を追放し、家督を継承した武田晴信(後の信玄)は、甲斐を豊かにすべく邁進するのでした。天文11年(1542年)、諏訪頼重の行動を盟約違反とした晴信は、高遠頼継と結んで諏訪郡へ侵攻し、諏訪氏を滅ぼします。次いで決裂した頼継を打ち破り、諏訪郡を領国化して信濃への足がかりを得ると、天文12年(1543年)~天文16年(1547年)にかけ佐久郡に侵攻し、関東管領の上杉氏を打ち破り領国化に成功するのでした。これにより、信濃統一を目指す晴信に敵対するのは、木曽谷を拠点とする木曽氏、埴科郡を拠点とする村上氏、信濃国守護で伊那郡から信濃府を拠点とする小笠原氏だけとなったのです。晴信はまず、佐久郡と勢力圏が隣接する村上氏に狙いをつけ天文17年(1548年)2月、侵攻を開始。両軍は上田原(長野県上田市)において合戦に及びました(上田原の戦い)。村上方も屋代基綱・小島権兵衛・雨宮正利らが戦死しましたが、武田軍は中核を成す板垣信方、甘利虎泰が戦死し、事実上の敗北をきっしました。武田軍敗北を知り、信濃の侵攻で平定された地域では動揺が走り、上田原合戦終了から1カ月たった4月25日には村上義清の村上軍が武田領の佐久郡に逆侵攻。諏訪郡でも西方衆が反乱を起こし、武田氏の信濃支配は危機的状況に陥りました。このような事態を見た信濃国守護の小笠原長時も、好機到来と見て武田領の諏訪郡へと侵攻を開始。晴信にとって絶体絶命の状況を迎えます。天文17年(1548年)7月18日、晴信は武田家生き残りをかけ出陣し、上原城に入城。翌日未明、ひそかに軍勢を動かし、長時のいる塩尻峠を目指すのでした(塩尻峠の戦い)。

ツアーの出発日と募集状況・お申込み

出発日 旅行代金
(お一人様:税込)
募集状況 受付状況
2020年9月24日(木) 1名1室49,800円 募集中

ツアー詳細

旅行条件 最少催行人員15名/添乗員同行します。
貸切バス会社名 千里山バスまたは寝屋川バスまたは同等クラス
食事条件 朝食:1回
宿泊施設 【1】上田市・ルートインGrand上田駅前(1名1室)
服装と持ち物 ウオーキングシューズでご参加ください。

基本スケジュール

日数行程食事
1 大阪・梅田8時発=〇上田原古戦場公園…小島権兵衛の墓…無名戦士の墓 …屋代源五の墓…板垣信方の墓…板垣信方戦死の地…観音寺(上田原の戦いでの討死者を安置している寺)…石久摩神社・上田原古戦場の碑…無名戦士の墓…雨宮刑部正利の墓…上田原古戦場公園=上田市(泊) ×
×
2 =〇須々貴城址(村上義清が本陣を置いた城。比高120m)=〇塩尻峠古戦場=永井坂の首塚・胴塚(小笠原軍の戦死者を埋葬した地)=梅田18時ごろ着
×
【行程中の記号】
=バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

ツアーの出発日と募集状況・お申込み

出発日 旅行代金
(お一人様:税込)
募集状況 受付状況
2020年9月24日(木) 1名1室49,800円 募集中

お客様サポート

ページ先頭へ