1. ホーム
  2. 国内の旅・テーマのある旅
  3. 講師と行く旅
  4. 藤井利章先生と行く 信濃の国の古代遺跡
新コース
  • 3日間
  • 長野
  • 講師と行く旅
コース番号
4097

藤井利章先生と行く 信濃の国の古代遺跡

  • 大室168号墳(イメージ) 大室168号墳(イメージ)
  • 水煙渦巻文深鉢(イメージ) 水煙渦巻文深鉢(イメージ)
  1. 考古学者、藤井利章先生がレジュメに基づき詳しく説明
  2. 長野県の縄文時代から古墳時代の主要遺跡を訪ねます。
  3. ホテルはシングル部屋を利用いたします。
長野県の縄文遺跡から主要な古墳を探る 長野県の遺跡総数は約12000ケ所以上で全国でも五指に入る多さです。県域も全国4位と広く旧石器時代、縄文時代の遺跡も群を抜く多さがあります。
考古学者の藤井先生の解説で信濃の著名な古墳や遺跡を訪ね、博物館では遺跡から出土した土偶や土器など貴重な資料を見学します。

ツアーの出発日と募集状況・お申込み

出発日 旅行代金
(お一人様:税込)
募集状況 受付状況
2019年5月24日(金) 1名1室 59,800円 募集中

ツアー詳細

旅行条件 最少催行人員15名/添乗員同行します。
貸切バス会社名 千里山バスまたは寝屋川バスまたは同等クラス
食事条件 朝食:2回/昼食:2回/夕食:0回
宿泊施設 【1】諏訪市・ホテルルートイン第2諏訪インター(1名1室)
【2】長野市・ホテルルートイン第2長野(1名1室)
講師及び指導プロフィール

藤井 利章さん(元神戸女子大学大学院教授)
小学生時代から考古学を学び、戦後の関西の考古学界を牽引した末永正雄博士に師事した。龍谷大学修士課程修了。専門は古墳時代。飛鳥・斑鳩などの多くの遺跡調査を手掛け、1985年の藤ノ木古墳第1次調査では主任を務めた。著書に「藤井寺市史・考古編」「天皇と御陵を知る事典」などがある。

基本スケジュール

日数行程食事
1 大阪梅田7時30分発=塩尻市=○平出遺跡(日本三大遺跡と言われ、縄文時代から平安時代まで集落があった。古代住居が復元)・◎平出遺跡考古博物館(土偶形容器や銅鐸、鳥形硯など展示)=小渕沢=◎井戸尻考古館(坂上遺跡から出土した土偶、始祖女神像や様々な土器を展示)・井戸尻遺跡(縄文時代の遺跡)=諏訪市(泊) ×
×
2 =茅野市=○尖石遺跡(八ヶ岳山麓の縄文遺跡から発掘された2000点余りの優れた考古資料を展示)・史跡公園=安曇野市=○魏磯鬼の窟古墳(岩隙に石室が設けられている、大正10年に鳥居龍造は「ドルメン式古墳」と名付けた)=○大室古墳群(日本最大の積石塚古墳群、珍しい合掌形石室や石垣状の石積みと横穴式石室の244号墳・将軍塚など5世紀から8世紀の約450基の古墳群)=長野市(泊)

×
3 =千曲市=○森将軍塚古墳(4世紀後半の全長約100㍍の前方後円墳、築造時のように葺石を復元)・◎森将軍塚古墳館(復元した竪穴式石室や出土品など展示)=◎長野県立歴史館(信濃の原始・古代から近世まで解りやすく展示)=梅田19時ごろ着

×
【行程中の記号】
=バス →航空機 —列車 〜船舶 …徒歩 ≠ロープウェー
◎入場観光 ○下車観光 △車窓観光

ツアーの出発日と募集状況・お申込み

出発日 旅行代金
(お一人様:税込)
募集状況 受付状況
2019年5月24日(金) 1名1室 59,800円 募集中

お客様サポート

ページ先頭へ