毎日山の旅日記

毎日新聞旅行

powered by 毎日新聞大阪開発株式会社

北陸の山緑の夜叉ケ池、やぶ山の三周ケ岳

 緑の密度が濃い。登り始めてからほどなくして、そう感じた。草花から樹木まで無数の植物が呼吸を重ねている。その息遣いと、体温までが肌を通して伝わってくるようだ。福井県と岐阜県境に位置する夜叉ケ池(1099m)を目指した時のことだ。登山口は福井県南越前町の山間にある。林道の果ての行き止まりだ。樹齢400年の、樹高約32mというカツラの巨木が出迎えてくれた。登山口の脇には、明治から昭和にかけて活躍した小説家・泉鏡花の文学碑がたたずむ。

 

文学碑に見送られて歩く始めた登山者たち 文学碑に見送られて歩く始めた登山者たち
 北陸の山中に、ひっそりと水をたたえる夜叉ケ池を有名にしたのは、泉鏡花の同名の戯曲によるところが大きい。碑には「花は人の目を誘う、水は人の心を引く。君も夜叉ケ池を見に来たという」と作品の一文が掲げられている。そう、私も夜叉ケ池を見に来たのだ。
深い森の中を歩く 深い森の中を歩く
 この森がうっそうとしているのもうなずける。私がよく登る山は都市部に近い。関東の丹沢、関西の六甲など。いずれも人の手が入り、“つくられた”森と言ってもいいだろう。
 一方、夜叉ケ池とその周辺の山々は、手付かずの原生林が残っている。人の住処は遠く離れ、里山として利用されることもなかったと思われる。ブナやミズナラは葉を接するように枝を広げ、ナナカマド、シャクナゲ、ヤマボウシなどが密生している。ここに比べれば、都市部に近い山々は、スギ、ヒノキといった植林が目立ち、どこか整然としている。
池のほとりに立つ夜叉姫祀碑 池のほとりに立つ夜叉姫祀碑
 森の息吹を楽しみながら、2時間登りつめた。突如現れた木道を、足をすべらせないように丁寧に歩くと、間もなく緑の水をたたえた夜叉ケ池に出くわした。
 戯曲「夜叉ケ池」は、妖怪と人が織りなす幻想的な物語だ。池に住むとされる白雪姫は、「水色の地に紅(くれない)の焔(ほのお)を染めたる襲衣(したがさね)……黒髪長く、丈(たけ)に余る」と美しく描写される。だが、人間として生きていた時には、雨乞いのいけにえとされた悲しい過去を持つ。そして、妖怪となり池に身を潜めつつ、恋に身を焦がしている。
 その恋を成就させることと引き換えに、夜叉ケ池を氾濫させ、大洪水を起こし、かつて自分を死に追いやった村人たちを水没させる。
 池の水をあふれさせた後、姫は従者の姥(うば)に尋ねる。
 
 白雪 人間は?
 姥 皆、魚に。早や泳いでおります。田螺(たにし)、鰌(どじょう)も見えまする。
ギンリョウソウがひっそりと咲いていた ギンリョウソウがひっそりと咲いていた
 そして、妖怪たちの嘲笑が響く……なんとも恐ろしく、身につまされる物語だ。
 眼前に広がる夜叉ケ池は、静かな水面を風に揺らしているばかり。白波が立つこともなく、透明な水には緑の木々が映るのみだ。ほとりには、「夜叉姫祀碑」が池を見守るように建っている。物語のような大水害を起こさぬように、祈りをささげているようにも見える。
静かな夜叉ケ池 静かな夜叉ケ池
 ここから、岐阜県側の三周ケ岳(1292m)までの道のりは片道2時間あまり。地元の岳人から「ヤブ山三周」とあだ名されるように、竹やぶが続き、厳しいやぶこぎを強いられる。晴れていれば北アルプスまで見通せる展望の山だが、登頂した日は太平洋上に台風があり、その影響で雲に覆われて大絶景は得られなかった。残念だが、また来ることもあるだろう。
 
深い竹やぶを書き分けて進む 深い竹やぶを書き分けて進む
さらに、お土産がひとつ。やぶこぎには、マダニがつき物だ。葉にマダニが付着しており、人間の通過を待ち構えている。予防策は皮膚の露出を少なくすること。私もレインウェアを着用し、登山用の手袋をしていた。
 だが、どこから潜り込んだのか、左肩の皮膚にマダニが食いついていた。自宅に帰ってから気がついた。そして、どうしたわけかマダニは息絶えており、吸血されなかったようだ。そのせいなのか、腫れもほとんどなく、かゆみもなかったのは幸いだった。ただし、感染症の心配があるため、翌日に皮膚科で診察を受けたのは言うまでもない。
 無事下山したが、マダニを土産としてしまった。夜叉ケ池に住む姫からの、何ごとかの言付けだったのだろうか。2018年6月10日登頂。
【毎日新聞元編集委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド・小野博宣】

●アクセス●
 JR北陸本線今庄駅からタクシーもしくはマイカーで岩谷林道終点にある登山口へ。バスなど交通機関はない。今回の取材は、毎日新聞旅行の登山ツアーに同行した。登山ツアーを利用するのも手だ。岐阜県側にも登山道はある。
 
●引用文献●
 「夜叉ケ池・天守物語」(作・泉鏡花、岩波文庫)
感想をお寄せください

「毎日山の旅日記」をご覧になった感想をお寄せください。

※感想をお寄せいただいた方に毎月抽選でポイント券をプレゼントいたします。

〜山記者の目〜プロフィール
【毎日新聞元編集委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド・小野博宣】
1985年毎日新聞社入社、東京社会部、宇都宮支局長、生活報道部長、東京本社編集委員、東京本社広告局長、大阪本社営業本部長などを経て現在、関連会社「毎日企画サービス」顧問。
2014年に公益社団法人日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅡの資格を取得。毎日新聞社の山岳部「毎日新聞山の会」会長

ページ先頭へ