毎日山の旅日記

毎日新聞旅行

powered by 毎日新聞大阪開発株式会社

北アルプス真夏の白馬三山

白馬三山(白馬岳、杓子岳、鑓ケ岳)の姿を目の当たりにしたのは、昨夏(2017年)のことだ。唐松岳を目指している途中、八方池に映ったその姿は、「美しい」を通り越して「神々しい」と感じた。「あの峰にいつか登りたい」とも。そして、今夏(18年)、その願いをかなえる時が来た。

白馬三山。写真中央が鑓ケ岳、右に順に杓子岳、白馬岳(2017年8月撮影) 白馬三山。写真中央が鑓ケ岳、右に順に杓子岳、白馬岳(2017年8月撮影)

8月初旬のよく晴れた日、登山基地の猿倉を午前7時前に出発し、1時間余り後に白馬大雪渓に取り付いた。

 白馬岳(2932㍍)は、憧れの山だろう。その人気の一端を大雪渓が担っているのは間違いない。都会では30度を超えても、雪上では涼風が吹く。また「白馬」とか「雪渓」という言葉の響きがどこかメルヘンチックで、なじみやすい雰囲気が漂う。

白馬大雪渓の終点。落石が転々と転がっている中を登山者が登って来る 白馬大雪渓の終点。落石が転々と転がっている中を登山者が登って来る

だが、大雪渓の歩行は、生易しいものでない。急峻で、落石が頻繁に起きている。直径1㍍を超す大岩があちこちに、身構えるように転がっている。毎年のように死傷者が出ており、散歩気分で歩ける場所ではない。むしろハイリスクな危険地帯と言い切ってよい。

 6本爪の軽アイゼンに、ヘルメット、ストックと準備を万端にし、素早く通過することに越したことはない。落石や転倒・滑落に注意しながら慎重に登った。だが、50歳超の我々では、悲しいかな時間はかかる。立ち休みを繰り返し、3時間近くかかった。

情熱的な色合いのクルマユリ 情熱的な色合いのクルマユリ

大雪渓を脱しても、急な登りは続く。石でザレた斜面や雪解け水で濡れた岩を乗り越えてゆく。稜線上の「村営白馬岳頂上宿舎」が見えてくるころには、眼前にお花畑が広がった。紫色が鮮やかなミヤマトリカブト、情熱的なオレンジ色がさえるクルマユリなどが出迎えてくれた。咲き誇る高山植物も白馬岳の魅力だ。かれんで艶やかな花々と出合えるのは、ここまで汗を流してきたご褒美といえるかもしれない。

印象深い青さのミヤマトリカブト 印象深い青さのミヤマトリカブト

頂上宿舎に荷物を置き、白馬岳山頂へ向かう。大小の石が混じる稜線を20分ほど登り、青空の山頂に到達できた。山頂は独特な形をしている。富山県側はなだらかな傾斜なのに対して、長野県の方はすっぱりと切れ落ちた絶壁になっている。のぞき込むのも怖いほどの高度感がある。

この山を、小蓮華山の方角から、つまり北側から見るのが好きだ。非対称な様子がよくわかり、山にも“表裏”の顔があることを教えてくれる。その威容を見つめていると、人にも二面性、多様性があるのと同じことだと思えてくる。富士山のような美しい稜線を持つ山ばかりではなく、山にもいろいろな事情がある。だからこそ、山も人も面白い。

小蓮華山方面から見た白馬岳。荒々しい長野県側に比較すると、富山県側の右側はなだらかだ(2012年8月撮影) 小蓮華山方面から見た白馬岳。荒々しい長野県側に比較すると、富山県側の右側はなだらかだ(2012年8月撮影)

山頂にはぜひ触れたい人工物が2つある。

 まず、花崗岩の風景指示盤だ。盤上の文字もかすれて判読不明な部分が多い。1941年8月に寄贈されたものだから、古色蒼然としているのもうなずける。富士山の強力(ごうりき=山頂に物資を運ぶ職業)によって運ばれたこともよく知られている。新田次郎さんの直木賞受賞作「強力伝」はその経過を、強力の心情を中心に描いた力作だ。運んだのは「五十貫近くある花崗岩二個」(新潮文庫『強力伝・孤島』)という。五十貫は、187・5キロもの重さだ。この想像を絶する重さの石を背負ったまま、たった1人で大雪渓を登ったというのだから驚嘆するほかない。

白馬岳山頂。左が風景指示板 白馬岳山頂。左が風景指示板

 もうひとつは、山頂から山小屋側に数分下ったところにある顕彰碑だ。大人の身長を超える大きさの碑には、「白馬岳開発之恩人 松沢貞逸氏像」と刻まれている。この松沢氏こそ、日本初の山小屋「白馬山荘」を開設し、白馬岳隆盛の礎を築いた人物だ。同山荘のホームページには、「明治38(1905)年、白馬岳頂上直下にあった測量用の石室の使用権利を得、日本で最初の営業山小屋(白馬山荘の前身)を創設しました。立案時、弱冠16歳でした」と敬意を込めて記している。この間の経過は、「白馬岳の百年 近代登山発祥の地と最初の山小屋」(山と渓谷社)に詳しい。白馬岳の魅力を見抜き、10代で誰も考えなかった山小屋事業に乗り出した。先見の明と商才に長けていたのだろう。残念なことに、37歳の若さで交通事故により亡くなってしまう。だが、その見立てが正しかったことは、誰の目にも明らかだろう。

松沢貞逸氏の顕彰碑 松沢貞逸氏の顕彰碑

 村営頂上山荘に宿泊した翌日、杓子岳(2812㍍)、鑓ケ岳(2903㍍)を踏破した。強風と真っ白な霧の中をそろそろと歩き、高山植物の女王・コマクサを見つけた。吹き荒れる風の中で、ピンクの花が揺れる。健気としか言いようがない。このはかなげな感じが、この花の持ち味なのだろう。

はかなげに見えるコマクサ はかなげに見えるコマクサ

さらに足を伸ばし、山中の秘湯「白馬鑓温泉小屋」にザックをおろした。標高2100㍍の温泉である。熱めの湯に入り、絶景に沈む夕日を見つつ、缶ビールをいただいた。吹く風がほてった肌に心地よい。これをぜいたくと言わずして、なんと言うのだろう。白馬の懐に抱かれて、夏の山旅を終えた。

【毎日新聞元編集委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド・小野博宣】

 

鑓温泉小屋直下のお花畑を歩く外国人カップル 鑓温泉小屋直下のお花畑を歩く外国人カップル

●アクセス●

 猿倉へは、JR白馬駅前からバスが出ている。人数が揃えば、タクシー利用の方が安くて早い。東京からは、毎日新聞旅行の夜行バス「毎日アルペン」号を使うのも手だ。

●難易度●

 今回のコースは、猿倉~白馬大雪渓~白馬岳(宿泊)~杓子岳~鑓ケ岳~鑓温泉分岐~鑓温泉小屋(宿泊)~猿倉と周回コースだった。白馬大雪渓や鑓温泉分岐からの下降は、初心者のみでは危険。上・中級者や登山ガイドの同行が望ましい。

●参考・引用文献●

「強力伝・孤島」(新田次郎・著、新潮文庫)

「白馬岳の百年 近代登山発祥の地と最初の山小屋」(菊地俊朗・著、山と渓谷社)

白馬山荘ホームページ「白馬岳開山の父」

感想をお寄せください

「毎日山の旅日記」をご覧になった感想をお寄せください。

※感想をお寄せいただいた方に毎月抽選でポイント券をプレゼントいたします。

〜山記者の目〜プロフィール
【毎日新聞元編集委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド・小野博宣】
1985年毎日新聞社入社、東京社会部、宇都宮支局長、生活報道部長、東京本社編集委員、東京本社広告局長、大阪本社営業本部長などを経て現在、関連会社「毎日企画サービス」顧問。
2014年に公益社団法人日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅡの資格を取得。毎日新聞社の山岳部「毎日新聞山の会」会長

ページ先頭へ