毎日山の旅日記

毎日新聞旅行

powered by 毎日新聞大阪開発株式会社

関西/奈良の山遠くの大台ケ原

大台ケ原はよい山だと思う。変化に富んだ景色が楽しめ、高低差もほどよく歩きやすい。ただひとつの難点は、とても遠いことだ。奈良・吉野のさらに奥地。遠方に住んでいる恋人のようなもので、会うためには手間も時間もかけねばならない。

 早朝の大阪でレンタカーを借りた。吉野川沿いを街中から渓谷へと遡上して、大台ケ原ドライブウェイをひた走る。崖の縁に取り付けられた、くねくねと曲がった狭い道路を登りつめると、突如空が開ける。「吉野熊野国立公園 大台ケ原」と刻まれた石碑が眼に飛び込んでくる。3時間かけて登山口の駐車場にたどり着いた。たくさんの乗用車に、大型バスやオートバイ、自転車が停まっている。かなりの登山者がいることがわかる。やはり人気の山なのだ。

大台ケ原の最高峰・日出ケ岳 大台ケ原の最高峰・日出ケ岳

最高峰は、日出ケ岳(1695㍍)という。駐車場から、よく整備された登山道を登ること40分で到達する。山上の展望台からは、熊野灘や富士山も遠望できると、風景表示盤に記されている。私は2度この地を訪れている。初夏の6月と、盛夏の8月だ。残念なことに、いずれの時もガスがかかり、すっきりと遠くまで見通すことはできなかった。「仕方ない」とあきらめはすぐについた。年間の雨量が日本で1、2位を争う多雨地帯だから、雨に降られなかっただけでも幸運なのだと思う。

シロヤシオのトンネル シロヤシオのトンネル

山頂から南に向かうと、6月にはシロヤシオのトンネルが現れた。白い花々が頭上を覆うようにして歓迎してくれた。8月には緑のアーケードとなっていた。これはこれで、日差しを遮ってくれる。実にありがたい。

正木峠からの風景。トウヒの立ち枯れが目立つ 正木峠からの風景。トウヒの立ち枯れが目立つ

さらに歩みを進め、正木峠に至る。緑の丘陵に、針葉樹のトウヒの立ち枯れや倒木が目立つ。空の青さに、巨大な棒切れのように立ちつくす木々の白さが妙にまぶしい。1959年9月の伊勢湾台風で、多くの木が倒れるなど甚大な被害を受けたという。災害は森の様相を変え、爪あとはいまだに生々しい。

 

ここが県境の直角カーブ ここが県境の直角カーブ

正木峠付近では木道を踏むのだが、ほぼ直角に曲がっている箇所があることに気づく。国土地理院の地形図(25000分の1)でもしっかりと表現されている。実はここは県境で、直角カーブは奈良県側から三重県側にぴょこんと飛び出ている。

見通しがきく大台ケ原は、地図読みを実地で学ぶにはもってこいの場所だ。私も初めて訪れた時には、地形図を持参した。右手に地形図を持ち、刻々と変化する現在地を親指で押さえながら歩いた。

 最高峰「日出ケ岳」、県境の「直角カーブ」、草原の「牛石ケ原」、急峻な渓谷「シオカラ谷」など、初心者にも見分けがつきやすい地形が次から次へと登場する。これら実際の地形と、地図上のそれが照合しやすい。地図読みに興味のある人は、ぜひ試してほしいと思う。

大蛇グラの景観 大蛇グラの景観

さて、ハイライトの大蛇グラに向かう。固い岩盤の巨岩が断崖絶壁上に突き出ている。人々は大蛇の背中に乗るようにして、恐る恐る岩に乗り、絶景を楽しんでいた。高度感もかなりのものがあり、日常にはないスリルを味わえる。

 ここから、シオカラ谷の吊り橋を経由して駐車場に戻る。全行程で4時間程度のハイキングだ。手軽に歩けるのに、独特の風景、奇勝を楽しめる。そんな大台ケ原は、宝石のような景観をいくつもしまいこんだ玉手箱のようだ。玉手箱は開けるからこそ価値がある。驚きもある。まだ見ぬ人はぜひ開けてほしい、訪れてほしい。その美しさを知れば、遠来の苦労はかけがえのない体験になるだろう。

【毎日新聞元編集委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド・小野博宣】

シロヤシオの白い花 シロヤシオの白い花

●アクセス●

 近鉄線の大和上市駅からのバスは季節運行で、午前9時台に2本あるだけ(2018年8月現在)。大阪・梅田から車で3時間、近鉄特急の停車する大和八木駅でレンタカーを借りても2時間以上かかる。それでも関西なら日帰りも可能だが、それ以外は前泊が前提となる。

●参考・引用文献●

国土地理院発行地形図「大台ケ原山」(25000分の1)

感想をお寄せください

「毎日山の旅日記」をご覧になった感想をお寄せください。

※感想をお寄せいただいた方に毎月抽選でポイント券をプレゼントいたします。

〜山記者の目〜プロフィール
【毎日新聞元編集委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド・小野博宣】
1985年毎日新聞社入社、東京社会部、宇都宮支局長、生活報道部長、東京本社編集委員、東京本社広告局長、大阪本社営業本部長などを経て現在、関連会社「毎日企画サービス」顧問。
2014年に公益社団法人日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅡの資格を取得。毎日新聞社の山岳部「毎日新聞山の会」会長

ページ先頭へ