毎日山の旅日記

毎日新聞旅行

powered by 毎日新聞大阪開発株式会社

奈良の山芝の山・古都の若草山(342㍍)

「山登りの練習のために、どんな山に登ったらいいのですか」と、初心者の方に聞かれることがある。
私は「標高が低い」「大勢の観光客や登山者がいる」「自宅から3時間以内にある」とお伝えするようにしている。標高が低ければ山頂までの歩行距離も短く、時間をかけずに満足を得られる。大勢の人と行動を共にすれば、道に迷うリスクを軽減できる。さらに怪我や急病時の手助けも期待できるだろう。自宅から3時間以内とするのは、早く帰宅するためだ。登山に体が慣れていないうちは、過度の疲労や体調不良に陥りやすい。そうした時に自宅が近ければ安心感につながる。また、交通費の節約にもなる。
 こんな条件の山は関東なら、東京都八王子市の高尾山(599㍍)がうってつけだろう。関西では、若草山(奈良市)をお勧めしたい。
 
芝生の山を登る 芝生の山を登る
 若草山と言えば、冬の風物詩・山焼きが有名だ。
 また、麓(ふもと)から山頂まで芝に覆われていることでも知られている。
 巨大な芝山と言えなくもなく、全国的にも珍しいのではないだろうか。
 それでは登ってみようと、2018年11月のよく晴れた日に出かけた。
 東大寺の大仏殿を横目に見ながら、若草山山麓の登山口「南ゲート」へ向かった。
 赤くなったもみじが青空に映える。
赤くなったもみじを見つつ 赤くなったもみじを見つつ
 150円の入山料を払い、ゲートを通過した。「南コース」と記された道標が突っ立っており、迷いようがない。芝生に設(しつら)えられた石の階段を踏む。汗をかかないように、息が上がらないように、「ゆっくり」という言葉を意識しながら丁寧に足を置く。登りのコツは、とにかくゆっくり歩くことにある。
もちろん速度には個人差がある。目安としては、仲間との会話を楽しみながら歩けるスピードと考えよう。
 
三重目。金剛山も見える 三重目。金剛山も見える
 南コースの楽しみは、奈良市内の眺望を背中にしながら登ることだ。
 振り向けば、古都の風景が眼前に広がる。
 芝だらけの山は、笠を三つ重ねたような姿をしている。だから、別名は「三笠山」というらしい。
「二重目」「三重目」と記された標識が次々と現れ、笠の上を歩いているようでおもしろい。
 三重目の山頂までは1時間もかからない。さっくりと登ってしまった。
 しかし、展望はすばらしい。遠くに生駒山(642㍍)や金剛山(1125㍍)が見える。
遠くに生駒山を望む 遠くに生駒山を望む
 帰りは、北コースを選択した。こちらは樹林帯を通り抜ける部分があり、陽射しが強い時にはよいだろう。途中の茶店で、鹿せんべいを買い求めた。近くにいた2頭の鹿に差し出すと、恐る恐るこちらに近寄って遠慮気味に口にした。群がり突進してくる奈良公園の鹿に比べると、山の鹿はどこかおっとりとしているようだ。下山して、奈良県の名産・柿の葉寿司を買い求めた。ほどよい塩気が舌にやさしく、塩分補給にも向いているかもしれない。山を降りたら土地のものを食べるのも登山の楽しみだろう。
【毎日新聞元編集委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド・小野博宣】
 
山頂付近にもたくさんの鹿がいた 山頂付近にもたくさんの鹿がいた

 ●アクセスと装備● 近鉄奈良駅から徒歩30分ほどで「北ゲート」「南ゲート」にたどり着ける。東大寺などを散策しながら歩けば、いつの間にか到着している。注意したいのは営業時間と開山期間があることだ。営業時間は午前9時~午後5時まで。現時点の開山期間は3月第3土曜日から12月第2日曜日となっている。また、必ずしも登山の装備は必要ない。スニーカーなど動きやすい靴で登ってみよう。転倒に備えて両手を空けるため、リュックサックなど背負うカバンがあればなおよいだろう。

若草山山頂 若草山山頂
 
 
 
 
感想をお寄せください

「毎日山の旅日記」をご覧になった感想をお寄せください。

※感想をお寄せいただいた方に毎月抽選でポイント券をプレゼントいたします。

〜山記者の目〜プロフィール
【毎日新聞元編集委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド・小野博宣】
1985年毎日新聞社入社、東京社会部、宇都宮支局長、生活報道部長、東京本社編集委員、東京本社広告局長、大阪本社営業本部長などを経て現在、関連会社「毎日企画サービス」顧問。
2014年に公益社団法人日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅡの資格を取得。毎日新聞社の山岳部「毎日新聞山の会」会長

ページ先頭へ