毎日山の旅日記

毎日新聞旅行

powered by 毎日新聞大阪開発株式会社

関東・富士周辺の山明神ケ岳 東京・安心安全富士登山教室ステップ4

  初心者や入門者が富士山を目指す「安心安全富士登山教室2019」のステップ4が6月初旬、神奈川・箱根の明神ケ岳(1169㍍)を舞台にして行われた。24人の参加者は東京駅前からバスに乗り、箱根路を目指した。仙石原の金時登山口で下車した一行は身支度を整え、出発した。
気持ちのよい笹原を歩く 気持ちのよい笹原を歩く
 まずは別荘地の緩斜面をゆっくり歩く。15分ほどで登山口にたどり着く。ここで上村絵美ガイドは「衣服調整を」と声を掛けた。「暑くなりますので、一枚脱いでくださいね」「水分補給も忘れずに」。樹林帯を20分ほど登ると、矢倉沢峠のうぐいす茶屋前に出た。平日とあって茶屋は休みだったが、ザックを下ろして水分を口に含む。
噴煙を上げる大涌谷を横に見て稜線を歩く 噴煙を上げる大涌谷を横に見て稜線を歩く
 矢倉沢峠を出ると、背丈ほどもあるササ藪(やぶ)の回廊を進む。ゆるやかなアップダウンが続き、涼風がほほをなでた。振り返ると、げんこつのような金時山(1212㍍)が見えた。足元にはウマノアシガタ(キンポウゲ)の黄色い花が揺れていた。空が広く、青く、なんとも爽快な気分になる。やがて登山道は緑の濃い樹林帯に入る。木々が日差しをさえぎってくれ、暑さをしのぎやすくなった。 遠くに明神ケ岳の稜線が見えるようになると、傾斜が徐々に急になってくる。登りの滑りやすい路面に差し掛かると、上村ガイドは「登山靴で(地面を)押さえつけるように」「小またで歩いて」とアドバイスを送った。 稜線に上がると展望の良い道が続く。右手には噴煙を上げる大涌谷が見えた。白い煙を絶え間なく吐き続けているのが分かる。「ゴー、ゴー」と地鳴りのような音がかすかに聞こえた。地球が生きていることの証だろう。
明神ケ岳の山頂。奥に見えるのは大涌谷 明神ケ岳の山頂。奥に見えるのは大涌谷
  なだらかな稜線はやがて明神ケ岳の山頂となった。参加者は大涌谷を背景に記念撮影をし、思い思いに昼食をとった。上村ガイドが登山地図を広げて、即席の地図読み講座を開いた。コンパスを使って地図と実際の方角を合わせる。眼前の山々と地図上の山々がピタリと一致する。「あそこに見えるのは金時山。ちょっと下って乙女峠です。今朝バスで通ったところですね。覚えてますか」と解説すると、参加者からは「おー」と驚きの声が返った。「富士山は(曇り空のため)見えませんね。でもこちらの方向です」と指さすと、皆も富士山の姿を探すように目を向けた。
山頂では簡単な地図読み講座を行った 山頂では簡単な地図読み講座を行った
 宮城野への下山路は急斜面が続いた。ゆっくり慎重に歩き、全員が無事下山した。歩行時間は7時間だ。初めての長時間行動となった。女性参加者は「こんなに長い時間歩いたことはないが、富士山に向けて自信になった」と話した。帰路、バスの車窓越しに富士山が見えた。車内は時ならぬ歓声と拍手に包まれた。憧れの富士山、どうしても登りたい富士山。皆の思いが弾けた瞬間だ。中高年の皆さんがこれだけ喜びをあらわにする山はたったひとつ、富士山だけだ。根強い人気を実感する。それとともに「必ず登っていただかなくては」との思いにかられた。参加者の皆さんとぜひ登頂の喜びを分かち合いたい。  【毎日新聞元編集委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド・小野博宣】(2019年6月4日登頂)
下山を前に靴紐の締め方を講習した。「靴ひもをフックに引っ掛ける時は下から上に」 下山を前に靴紐の締め方を講習した。「靴ひもをフックに引っ掛ける時は下から上に」
【富士山へ向けて9 山小屋2・トイレ】  山小屋に初めて泊まる人はトイレが気になるだろう。富士山の山小屋のトイレに関しては、概ね清潔で使いやすい。宿泊客の利用は無料となっているところが多いが、原則は有料だ。料金は100円~500円とさまざま。小銭をたくさん持ってゆくといざという時に困らない。
車窓からの富士山。この夕景に大歓声が上がった 車窓からの富士山。この夕景に大歓声が上がった
感想をお寄せください

「毎日山の旅日記」をご覧になった感想をお寄せください。

※感想をお寄せいただいた方に毎月抽選でポイント券をプレゼントいたします。

〜山記者の目〜プロフィール
【毎日新聞元編集委員、日本山岳ガイド協会認定登山ガイド・小野博宣】
1985年毎日新聞社入社、東京社会部、宇都宮支局長、生活報道部長、東京本社編集委員、東京本社広告局長、大阪本社営業本部長などを歴任。2014年に公益社団法人日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージⅡの資格を取得。毎日新聞社の山岳部「毎日新聞山の会」会長

ページ先頭へ